食育について

 

子ども達が見て触って食べてと、体験の中から「自然と子ども自身が学べる」食育を実施しています。

食事

食事は生きることの基本です。給食は子ども達がおいしく。そして、十分に栄養のとれることを大切にしています。
「ごはんっておいしいな」「食べることって楽しいな」そんな気持ちが芽生えることから、全てが始まって行くと考えて取り組んでいます。

食材

自然なもの、自然な味を大切にし、食べる喜びと確かな味覚の成長につなげています。
園の農園で採れた季節ごとの有機野菜、地域の農家さんたちと協力しながらつくっているコシヒカリや古代米を給食に活かしています。
近年では調味料にも思うところがあり、塩や砂糖などの製法や素材の違いにも目を向け、段階的に取り入れているところです。

農園

園から散歩で行ける範囲にサッカーコートくらいの大きさの農園があります。
コシヒカリと有機野菜をつくっており、散歩の途中に出来立てのミニトマトを食べたり、土いじりをしたりと、体験型の保育に取り入れています。
バスの運転手でもある農園の職員は子ども達にとってはヒーローそのものです。
子ども達のためにと、素人同然で始まった農園も地域の方々の協力を得ながら、今では保育にとって欠かせない場所となりました。

厨房

栄養士と調理員を直接雇用することで、保育施設での食育や農園に興味をもっている人を雇っています。
できる範囲で農園に子ども達と収穫にいったり、給食を一緒に食べたりと、子ども達が身近に感じる距離感で食育を支えています。
アレルギー対応や離乳食においては、保育者と連携をはかって対応しています。

手づくり給食

出来合いのものを避け、手づくりの温かい食事を大切にしています。