東園のコロナ対策

基本的な考え方

幼稚園・保育園・学童保育すべてに共通する考え方です。

  1. 市役所や保健所、国の感染症対策などのガイドラインに基づいた対応
    1. 私どもも未知の対応と言うことで、常に知識不足が不安でもあり、関係機関に確認しながら園対応をしていきます
  2. 休園にならないために園内に持ち込まない努力
    1. こどもと保育者が密になるのは避けようがありません。そのため、園内に入ってくる前に防ぐことが重要ですので、園職員とご家族が一丸となって、手洗いや消毒などの基本的なことを丁寧に継続していくのが対策となります。
  3. こども達にできるだけいつもの生活をさせてあげたい
    1. できるだけいつもの生活や運動会などの行事を行いたいと考えています。特に年長児にとっては最後の園生活ですので、優先順位を上げてご理解とご協力を頂いているのが実情です。全体として、明らかに実施できないものは別にして、やる前提で準備を進め、その上で、今できるのか、縮小すればできるのかなど、情勢を踏まえて決定しています。1か月前までの決定を心がけています。
  4. マスクについて
    1. 消毒等と違い、芳賀郡でも園によってマスクは取り扱い方に差があるため、お知らせしておきます。バス利用や外出時を除き、園内でこども達は基本的に着用していません。3~5歳児クラスは咳や鼻水が出ている際には着用しており、0~2歳児クラスは着用していないのが実情です。保育者と学童は基本的に着用しており、保護者も同様にお願いしています。

コロナ関係のお知らせ

保護者向けに配布したお知らせを掲示しておきます。
最新版以外もあるのは、毎回全てを網羅したお知らせを配布すると、膨大な情報量となってしまうため、今まで配布したものを基に、変更点を記載しているためです。そのため、初めて園をご利用される方は、直近数回のお知らせもご確認した上で園利用をお願いします。また、行事のお知らせの中にもコロナ対応の内容も含まれていますので合わせて掲示しておきます。幼稚園・保育園・学童保育でバス利用や開園時間などの違いのため、同じようで若干違うお知らせもありますが、全て掲示しておきますのでご了承ください。